産地直送新鮮魚介類の神奈川回転寿司。横浜・藤沢でお寿司を食べるならぐるめ亭へ!旬の味覚を取り揃えてお待ちしています。

産地直送新鮮魚介類の神奈川回転寿司。
横浜・藤沢でお寿司を食べるならぐるめ亭へ!
旬の味覚を取り揃えてお待ちしています。

桜鯛と真鯛の違いは何?特徴や調理法は?

桜鯛と真鯛

春の暖かい陽気になってきた今日この頃。魚の旬も変わってきます。そこで今回は、以前にも書きました桜鯛のことを少し違う角度で書いていきたいと思います。鯛は昔から「めでたい(鯛)」ということでお祝いの席やお正月などで食べられる魚ですね。鯛のことを知ることで食べたときにストーリーが思い浮かび、今よりの美味しく感じるはずです。ぜひ、ご一読ください。

1. 桜鯛と真鯛って何が違うの?

桜鯛と真鯛は何が違うのでしょうか?まず桜鯛ですが、旬の時期はこの次にご説明をするとして桜鯛は、体が桜色をして尚且つ桜の花びらのような模様に見える斑点がある姿から桜鯛と言われるようになりました。特に産卵期の前になると鮮やかな桜色になり桜鯛と呼ばれるようになります。一方、真鯛は…実は同じ種類の鯛なのです。時期によって色味が変わり呼び方が変わるのです。日本では昔から食と季節とが密接に関係する文化があります。日本の春夏秋冬がどのような文化を生んだのでしょう。今では通年、食べられるものが多くなりましたが、本来はその季節になると栄養価が高く美味しくなるものを食べるとい習慣がありました。そのような食文化から生まれたのが桜鯛というネーミングだったのかもしれません。

2. 実はこんなにあった鯛の種類!

鯛の種類は、ご説明した真鯛のほかにもいます。例えば金目鯛、イシダイ、クロダイなどは、知名度が高いのではないでしょうか?その他にも血鯛、黄鯛、平鯛、キチヌ、石垣鯛、白甘鯛、赤甘鯛、イトヨリダイ、イボダイ、メダイ、マトダイ、タカノハダイ、コショウダイ、コロダイ、テンジクダイ、フエダイ、クロホシフエダイ、ウメイロ、メイチダイ、ハマフエフキとこのように意外と思われるかもしれませんが、これだけの種類の鯛がいます。

鯛の種類

3. 桜鯛の旬は?

桜鯛の話に戻りますが、桜鯛の旬は、3月~6月の産卵期に内湾の浅瀬に集まってくるのでその時期に多く獲れます。雌はきれいな桜色になり、雄は、体に桜の花びらのような斑点が現れどちらも鮮やかな桜色になります。

4. 真鯛の旬は?

一方、真鯛は、冬から春にかけて旬と言われています。12月から3月ごろが旬となりますが3月ごろから産卵期を迎えるのでそのころには、桜鯛と呼ばれるようになります。産卵期を過ぎてしまうと身がやせ細ってしまい脂もあまりない状態なので桜鯛になる産卵期になる前の栄養を蓄える時期がやはり、旬の時期と言えるでしょう。

5. 【番外編】桜鯛でもない真鯛でもないサクラダイって何?

ここで突然ですが、サクラダイってご存じですか?さきほどの鯛の種類にも名前がありませんでしたし、桜鯛と呼び名が同じということで桜鯛をカタカナにしただけと思われるかもしれませんが、実は桜鯛とサクラダイは別物なのです。サクラダイは、和名で正式な呼称ですが、実は鯛ではなく「ハタ」の仲間です。15㎝ほどの大きさで幼魚の時は全てメスなのですが、成魚になると性転換してオスになり、そのころになると鮮やかな赤色になることからサクラダイと名前になったそうです。

サクラダイ

性転換する魚介類は、以前のブログでもご紹介した「甘エビ」もそうです。その中でもハタ科が線転換することが書いてありますので参考にしてください。

甘エビの旬はいつ?甘エビをメガで食べるならメガ甘エビ!

6. 桜鯛と真鯛の美味しい食べ方!

●寿司

最後はやはり寿司で食べるのをおすすめしたいです。メニューとしては、醤油で炙ったり、レモン塩、ゆず塩で食べたり、梅肉をのせたり、漬けにしたりと鯛はバリエーション豊富に食べられます。春の時期は桜鯛。桜鯛を満喫してお召し上がりください。

真鯛

おまけ…

鯛は初めに食べると通ですよ!寿司を食べる順番も併せてご覧ください。

 

新社会人になったら覚えておきたい寿司を食べる順番