産地直送新鮮魚介類の神奈川回転寿司。横浜・藤沢でお寿司を食べるならぐるめ亭へ!旬の味覚を取り揃えてお待ちしています。

産地直送新鮮魚介類の神奈川回転寿司。
横浜・藤沢でお寿司を食べるならぐるめ亭へ!
旬の味覚を取り揃えてお待ちしています。

寒ブリのシーズン到来!冬はブリしゃぶ握りが美味い!

寒ブリのシーズン到来!ブリしゃぶ握りが美味い!

冬になるにつれて美味しくなるのが寒ブリです。ひみぶり宣言という言葉があるほどこの記事になると寒ブリは注目の的。刺身でも美味しいですが、煮つけやしゃぶしゃぶなど食べ方もいろいろの寒ブリですが、ぐるめ亭でおすすめの寒ブリのぶりしゃぶ握りもご紹介していきたいと思います。

●寒ブリのシーズンはいつ頃?

寒ブリは、北は北海道、西は北陸の富山県、石川県などで獲れます。寒ブリのシーズンは11月の下旬から2月ごろといわれています。産地によって最盛期も変わりますが、シーズンの走りは北海道から始まり徐々に南下してシーズン真っただ中になると北陸でも獲れるようになります。ちなみに数年前から3月ごろに千葉県や太平洋などでも獲れるようになり千葉沖でも獲れるようになってきました。海流や気候の変動などで寒ブリが獲れる地域も少し変わってきているようです。

●寒ブリと普通のぶりは何が違うの?

冬になると寿司屋や料亭、スーパーなどで出回るようになる寒ブリですが、この時期以外にもブリは食べられますが、この時期の寒ブリとそれ以外に食べられるブリでは、何がちがうのでしょうか?寒ブリは先程もご説明しましたが、11月下旬から2月頃に水揚げされたブリを寒ブリと呼びます。普通のブリとの違いは脂ののりが違うというところでしょう。秋ごろから冬を越すためと産卵時期などで栄養を蓄えようとします。いつもより多めに栄養を取ろうとしているので体全体が丸々と太った天然のブリはお腹だけでなく背中まで栄養が行き渡ります。漁獲された場所などは関係が無く、この時期に漁獲されたブリを寒ブリと呼びます。ブリは出世魚で関東ではワカシ → イナダ → ワラサ → ブリと大きさに応じてワカシ → イナダ → ワラサ → ブリ呼び名が変わります。大きさで呼び方が変わりますが80cm程度になるとブリと呼ばれるようになります。

ブリ 出世魚

●今やブランドの氷見の寒ブリ

寒ブリは漁獲された地域で呼ばれるわけではなく11月下旬から2月頃に漁獲されたものが寒ブリと呼ばれますが、寒ブリといえば富山の氷見がブランドとして有名です。そして氷見の寒ブリは日本一うまいといわれています。11月頃から富寒い場所から暖かい場所を求めて南下してきます。寒さに備え栄養を蓄え産卵期も控え脂が最ものった状態で富山湾を訪れます。このような条件が揃って漁獲された寒ブリが氷見のブリとしてブランド魚として世の中に出回るのです。富山湾で定置網を使い漁獲され氷見漁港で水揚げされ6㎏以上の重さがあるものをひみ寒ブリとして出荷されるのです。一番おいしい状態でやってきて、富山湾で漁獲されることが氷見の寒ブリとして世の中に認知されたことがブランドになったのです。

氷見漁港

●寒ブリを食べるならブリしゃぶ握りで

今後ぐるめ亭でも氷見のブリをイベントなどでご用意する予定でいます。

それ以外で獲れた寒ブリも先程から申し上げた通り、体全体に脂がのり差しの入った寒ブリがお召し上がりいただけます。その時期に一番おいしい寒ブリを店頭でご用意しております。寒ブリをしゃぶしゃぶで食べたいという方も多いようでご用意しているのが「寒ブリのぶりしゃぶ握り」です。脂ののった寒ブリをサッと湯通ししてもみじおろしと醤油でお召し上がりください。

ぶりしゃぶしゃぶ握り

その他にも蒸し牡蠣軍艦や特大かきフライなど牡蠣のメニューや貝三種、サーモン三種、今月のおすすめ真空低温で調理した寿司屋の自家製肉寿司ローストビーフもおすすめです。イベントが多いこの時期に冬の旬をお楽しみください。ご来店お待ちしております。

瀬戸内産特大カキフライ
貝三種
ローストビーフ