産地直送新鮮魚介類の神奈川回転寿司。横浜・藤沢でお寿司を食べるならぐるめ亭へ!旬の味覚を取り揃えてお待ちしています。

桜鯛ってどんな魚!?そしていつが旬なの?

1.桜鯛とはどんな種類の鯛なの?

最近は少しずつですが「桜鯛」というフレーズを巷で聞いたり見たりする機会もあると思いますが、世の中に浸透しているのかとうと知る人ぞ知るワードだと思います。ただ、年々その美味しさが話題となり少しずつ認知されるようになっていると思います。そんな、桜鯛をもう少し詳しく説明していきたいと思います。桜鯛とは、春先に獲れる真鯛を桜鯛と呼びます。

真鯛の産卵期は3月~6月頃に内湾の浅瀬の方へやってきます。そして、体が桜色をして尚且つ桜の花びらのような模様に見える斑点があるのでそれを見て桜鯛というようになったという説もあります。産卵期の前は栄養を蓄えようとしますので美味しいです。

2.桜鯛の旬は?

文字通り桜の咲く頃の春になります。上記でも説明をしましたが、3月~6月に内湾の浅瀬に集まってくるのでその時期に多く桜鯛が獲れます。日本では古来より食に対して季節を楽しむ文化があります。外国でも季節の料理はありますが、日本のように春夏秋冬に応じて料理を楽しむ文化は世界でも稀だと思います。そう言った「旬」を楽しめるの食材のひとつが桜鯛です。そして、春先の桜の時期になると色鮮やかな景色に心躍るような気持ちになりますよね。そして鯛といえばお祝い事などの席に花を添えてくれる魚です。そのようなことが相まって春先に食べられる桜鯛は春先に「旬」を楽しむ為の食材だと思います。日本人の気持ちの部分にも高揚感をもたせてくれる魚だと思います。そんなメデタイ桜鯛ですが、ぐるめ亭自慢の創作力でさらに美味しくなる食べ方をご紹介したいと思います。

3.桜鯛の美味しい食べ方ランキング!

春の板前はウキウキしています。板前が心躍らすのは、海の中の桜とも言われる桜鯛の季節だからです。鮮やかな視覚が春らしさを演出してそれをお客様が食べる。この光景だけでも板前は春を感じ心躍ります。最近では一年中食べられるようになった食材が多い中、季節を感じ、旬を感じられる一番の食材は魚だと思います。そして、旬を楽しみ、季節を味わうのに一番は寿司だと思います。今回は旬の桜鯛をより引き立たせる握りを甲乙つけがたいですがランキング形式でご紹介します。

今が旬の桜鯛をぐるめ亭の創作寿司でご賞味ください!!