産地直送新鮮魚介類の神奈川回転寿司。横浜・藤沢でお寿司を食べるならぐるめ亭へ!旬の味覚を取り揃えてお待ちしています。

春におすすめのかき揚げの具って何が良い?

かき揚げとほたるいかの天ぷら

かき揚げの具に何を入れますか?

なんとなくかき揚げのことを考えていたらかき揚げって奥が深いなと思いました。野菜のかき揚げ、海鮮のかき揚げなど細かくかき揚げにどんな種類があるだろうと考えていたら結構種類がある事に気づきました。

 

かき揚げに入れる具材はそれぞれのご家庭で思い浮かべるのは違うと思いますがここでいくつかかき揚げの種類を挙げてみましょう。

 

 

玉ねぎ・人参・牛蒡を入れたかき揚げ

自分で選んでおかずを取るスタイルのうどん屋さんで置いてある揚げで多いと感じているのが玉ねぎ・人参・牛蒡のかき揚げではないでしょうか?(お店によっていろいろあると思いますが個人的なイメージです。)シャキシャキとした歯ごたえがうどんの柔らかさとマッチして何とも言えない食感で楽しめます。

 

春菊のかき揚げ

春菊のほろ苦い風味と揚げた時のサクっとした食感に人参や玉ねぎなどの甘味と組み合わせると複雑な味になり美味しく食べられますね。春菊だけで食べる方もいらっしゃると思いますが、かき揚げで一番食感を楽しめる具材だと思います。

 

とうもろこしのかき揚げ

小さなお子様も大好きな大好きなかき揚げではないでしょか?油で揚げると甘みが増してジューシーな味が楽しめる一品です。余談ですが、とうもろこしの粒がばらけない様に作るのは腕前が必要です。

 

小柱と小エビなどの海鮮かき揚げ

小柱の歯ごたえと海老のプリッとした食感が溜まらないかき揚げです。いかやあさりも入れるとさらに海鮮らしさが増して美味しくなります。このまま丼にしても美味しいですね。

 

ここでは紹介しきれないほど、いろいろな種類のかき揚げがありますが、ぐるめ亭でも旬の魚介類を使った、かき揚げをお出ししています。

かき揚げの具に何を入れますか?

春はかき揚げに「ほたるいか」

ほたるいかについて・・・

ほたるいかは、ご存知の通り小ぶりなイカです。日本海や、駿河湾などで多く獲れます。ほたるいかは傷みが早く鮮度がすぐ落ちてしまうので水揚げしてからすぐに釜茹でにして出荷されます。ほたるいかの旬は場所によって多少異なりますが多くは3月から漁が解禁になり5月頃までが最盛期です。ほたるいかは、沖漬けや茹でて酢味噌で食べたりするのが一般的ですが最近ではアヒージョにしたりマリネにしたりとレシピも多様になっています。

ほたるいかはしっかり下ごしらえをしないと揚げた時に爆発することもあるので注意が必要です。

ほたるいか

かき揚げに白魚と桜エビも負けていません!

白魚ってどんな魚?

白魚はシラウオ科の魚で半透明で生で食べることも出来ますが鮮度が命なので釜揚げや天婦羅など加熱しても食べるのもおススメです。白魚は2月~4月頃が旬です。北海道、青森、宮城、茨城などで主に獲れます。昔は江戸前寿司でも食べられていたそうです。そんな白魚ですが、その小ささから何かの稚魚を食べていると思われている方もいらっしゃるようですが、白魚は5~10㎝で成魚になるので皆さんがよく見かける白魚は稚魚ではありません。また、シロウオとも間違えられやすいのですがシロウオはハゼ科で別の種類の魚になります。

白魚

桜えびは、希少な海老です!

桜えびはサクラエビ科に属するエビの一種で深海に生息する小型の海老で成体でも4cm前後の大きです。静岡の駿河でしか獲れない海老です。殻ごと食べられる桜えびは揚物にすると一層海老の香ばしさが増します。そんな桜えびの旬ですが桜えびは、春漁は3月~6月、秋漁は10月~12月でそれ以外の時期は桜えびの保護のために休漁になります。

桜えび

寿司屋の海鮮かき揚げは、新鮮素材を楽しめるかき揚げです!

かき揚げとほたるいかの天ぷら

野菜のかき揚げとほたるいかの天ぷらは、桜の塩漬けを細かく刻んで隠し味に。春の香りが広がる一品です。ほたるいかのプリッとした食感をお楽しみ頂きながらお酒が進んでしまう一品です!

かき揚げとほたるいかの天ぷら

ほたるいかと白魚かき揚げ軍艦

ほたるいかのプリッとした食感と加熱すると生で食べるより癖が無くお子様でも食べられる白魚を、桜の塩漬けを細かく刻んでアクセントを加えながら軍艦の上の乗せて食べる贅沢な一品です。

もっと、ほたるいか・白魚・桜えびの素材の味を楽しみたいという方へ

春の三貫王

ほたるいか、白魚、桜えびの春の旬を存分に楽しみたいという方にご用意しました。その名も「春の三貫王」。ほたるいか、白魚、桜えびを軍艦にして3貫ご用意しました。1貫ずつ個性のある春の旬を楽しめるお得な一品です!

 

和食は、食べながら季節を楽しめるのが醍醐味です。近年では、流通技術や養殖などでいつの時期でも食べられるようになりましたが、やはり旬のものはその季節に食べるのが一番美味しいです。「これ食べると季節を感じるな~」と思える日本の食文化はそれだけで贅沢です。ぐるめ亭も寿司や和食を通じて季節を感じられるメニューを日々、開発していますので近くにお寄り頂いたとき、寿司を食べたいと思った時にはぜひ、お越しください。季節の楽しみもご提供いたします。

ほたるいか・白魚・桜えびの素材の味を楽しみたいという方へ
その他にも春のメニュー盛りだくさんです。

上記のメニュー以外にも桜鯛のかぶと揚げなどもございます。

ぐるめ亭の創作寿司